自分のことを血統書付きの猫だと思っている旦那

今日のお弁当。

夜ご飯は、唐揚げ。

下味冷凍のおかげでここ最近の夜ご飯は我ながら贅沢な日が数日続いている。

が、しかし、下処理したお肉はこれにて終了。

ということで、明日のごはんはどうしようかなと、夕飯食べながら、

「明日のご飯は焼きそばでいいかな??(ΦωΦ)」

と旦那に確認すると、

(=_=)

↑こんな真顔で睨まれました(ΦωΦ)

「知ってるかい?猫もさ、毎日缶に入ったような豪華な餌を与えてたら、パサパサのキャットフードは食べなくなるらしいぜ…(=_=)」

「あの焼きそば美味しくない(=_=)残念な気持ちになる(=_=)やだ(=_=)」

カタカタカタ(((;゚;Д;゚;)))カタカタカタ

「君は猫じゃないから大丈夫だ。心配するな(ΦωΦ)」

というものの、自分のことを血統書付きの猫だと思っている旦那の胸には響かず…(ΦωΦ)

どうみても、雑種のでぶねこちゃんなのですが(´-ω-`)

あ、でもここ数日、毎日続けてるフィットネスアドベンチャーのおかげか、ちょっと下っ腹がへこんできたような気がします(ΦωΦ)

気のせいかもしれませんが、そう思い込むことにします。では(ΦωΦ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました