金木犀の香りの記憶

どうも、お久しぶりですコッピです(ΦωΦ)

サボりぐせに歯止めがかかりません(´・ω・`)

それはさておき、金木犀の香りが漂う過ごしやすい季節になりましたね~(*´ω`)

匂いをかぐと記憶が蘇ることはよくあることですが、

自分、金木犀の香りがすると、実家の金木犀を思い出します。

旦那は、元カノとのボートデートを思い出すそうです。

同じ匂いでも、人によって記憶は様々で、みんな違ってみんないい。

だって人間だもの。

そんな詩人チックになる芸術の秋ですね(ΦωΦ)

旦那とも同じ香りを嗅いだら同じ記憶が蘇るような思い出を作りたいものですが、

あいにくコロナを理由に自粛生活が続いている我が家では、

オ○ラの匂いの話しかしない状況のカオスな切ない日々が続いておりますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか(ΦωΦ)

なんか同じものを食べてると、大体同じタイミングでくさいみたいなんですよね~(´・ω・`)

とりあえず、記憶を整理するために、食事の写真だけアップさせていただきます。

10/1のお弁当。

10/1の夜ご飯。

10/2のお弁当。

10/2の夜ご飯。

10/3の昼ごはん。

10/3の夜ご飯。焼肉パ。

自宅焼肉最高です。

10/4のお昼ごはん。フレンチトースト。

10/4の夜ご飯。ウーバー王将。

10/5のお弁当。肉なし根菜弁当。

10/5の夜ご飯、モッツァレラパスタ。

我が家ではモッツァレラパスタ=贅沢パスタになりました。

外食と迷ったときには、こっちのほうが安くつくし満足感が高いので、迷ったときには贅沢パスタの出番です。

10/6のお弁当。

10/6の夜ご飯、ごぼ天うどんとかしわ飯。

とあるインスタで、退職した旦那がつくったというメニューがこちらのごぼ天とかしわ飯という組み合わせだったので、「ちょうど材料もあるし今日のご飯、これにしよう」と思い立って作った晩ごはん。

旦那に、何気なくそのインスタの話をすると、

(ー_ー)ジー

と目を細めて明らかに警戒している様子で、

「君、何を言いたいんだい(ー_ー)」

と変に詮索してきたので、

「ただの会話だよ(ΦωΦ)ただの日常会話だよ(ΦωΦ)」

めちゃくちゃ警戒してくる旦那が面白かったです。

うちの旦那も料理に目覚めてくれないかな~という下心があったことはいうまでもありません(ΦωΦ)

旦那=自炊男子という印象から始まり、縁あって結婚に至ったわけですが、

人の第一印象っていうのは、ほんと当てにならないものです(´・ω・`)

コッピ「自炊してたあの頃の旦那は一体どこにいったんだろう(´・ω・`)」

旦那「あの頃の僕はもういないよ(・へ・)」

と開き直ったと思ったら、

旦那「あの頃の僕も僕だ。人間は変わるものなんだよ(・へ・)」

( ゚д゚)ハッ!

なんか深い~(´Д`)

というわけで、秋も深まる今日このごろです。

コメント

  1. あも より:

    お疲れ様です
    なるほどですね
    夫婦の役割分担は難しいですよね

    ちなみに、僕は30歳くらいから料理はする様になりました
    理由は奥さんの料理が物足りなく感じて、奥さんに注文つけるより、自分でやらなきゃ、と思ったからです
    当時の家族は男は僕だけだったから、量が足りなくてですね

    あと、僕が作ったマズイ料理を奥さんは美味しそうに食べてくれて、ハマりましたね

    奥さんの、旦那に料理をさせよう作戦に、まんまとハマったのかもです

    • コッピコッピ より:

      うほ~。作戦にハマって料理にハマったとか最高の結末です!料理にハマったとか言ってみたいです(´Д`)義務感が半端ないです(´・ω・`)

  2. こんにちは!
    初めまして!

    美味しそうなお料理ですね~。

    我が家の場合は、僕が料理をして奥さんに餌付けしております。
    奥さんは一向に料理に目覚める気配はありません(笑)
    人間だからいつか変わってくれますかね……。

    • コッピコッピ より:

      はじめまして!
      嬉しい言葉をどうもありがとうございます(ΦωΦ)
      うちの旦那は一生目覚める気配がありません(´・ω・`)
      人間だもの。
      いつか変わることを願いましょう(ΦωΦ)

タイトルとURLをコピーしました